--contents--

濁りと釣果

濁りと釣果は関係するのか?
一般的に、適度な濁りが入っているとシーバスの警戒心は薄れ、
釣るのが容易になると言われています。
では、実際名取川ではどうなっているのか?
このことに着目し、2004年のシーバスの釣果を眺めていたら、
あることに気付きました。
それは、同一ポイントで短時間のうちに複数匹キャッチされるときは、
ほとんどの場合、少なからず濁りが入っているということでした。
濁りの指標?→濁度
2004年、僕は釣果データを提供していただくたびに、
川の防災情報の名取川郡山観測所(または広瀬川三橋観測所)の
水質データを保存するように心がけていました。
郡山観測所はなまずPのすぐ近く、三橋観測所は広瀬川Pのすぐ近くです。
そこには、水温や溶存酸素量などの他に濁度が記録されています。
(なお、ネット上では24時間前までのデータしか閲覧できないため、
釣果からご報告まで24時間以上空いてしまったものに関しては空白である)
濁度とは「光がサンプル内をまっすぐに通り抜けずに、
散乱及び吸収される光学特性」と定義付けられていますが、
難しいことは抜きにして、ようは濁りの指標、透明度の逆というわけです。
この値が大きいほど、水が濁っているということになります。
具体的には、濁りは沈泥、粘土、藻、その他のプランクトン、
有機物などの細かい非溶解性粒子を含む浮遊物によって発生します。
水の流れがほとんどない湖などと違い、常に流れのある河川の場合、
濁りの要因となりうるのは、流入した土砂などによるものが大きいでしょう。
ということは、濁度を変化させうるのは、もちろん雨。
春先に限れば、雪代の影響で、雨が降らなくとも濁りは強い。
そして、河川改修工事がどこかで行われると、下流側に濁りが入ることもあります。
数字だけ言われてもわからない?→そりゃそうだ
たとえば、今の濁度は30だといわれてもピンとくる人なんていないでしょう。
その数字は、果たして濁っているという意味なのか、そうでないのか・・・
このことは、僕が最初にぶつかった問題でした。
濁度と釣果の関係を考えるようになったのは2004年の春だったのですが、
この問題を自分なりに整理するため、年間を通して濁度の動向を見てきました。
すると、思いっきり主観的であり科学的根拠は全く無いのですが、
ある程度の基準を自分の中でつくることが出来ました。

・名取川(郡山観測所)
 濁度<20-→濁りの入っていない状態
 20<濁度<40-→ささ濁り
 40<濁度-→増水を伴う強い濁り
・広瀬川(三橋観測所)
 濁度<5-→濁りの入っていない状態
 5<濁度<10-→ささ濁り
 10<濁度-→増水を伴う強い濁り

というものです。
もう一度言いますが、これはあくまで僕の個人的判断であり、科学的根拠は全くありません。
名取川と広瀬川とで基準が違うのは、
流域面積や水量の違いによるところが大きいです。
また、雨後の濁りの影響が持続する期間も、
名取川より広瀬川の方が短く、
つまり、広瀬川は名取川に比べ濁りが取れるのが早いという傾向があるようです。
実際どうなっている?
次の表は、2004年度における、
一回の釣行で同一ポイントで複数匹キャッチされたときのデータです。
(濁度の分かっているもののみ)
時間 場所 サイズ 濁度 アングラー
11 4 22:45 煙突 20 26.5 you
11 4 22:10 煙突 46 27 you
11 4 21:10 煙突 20 28.5 you
11 4 21:05 煙突 43 28.5 you
10 31 19:20 煙突 35 26.5 黒ハチさん
10 31 19:15 煙突 44 26.5 黒ハチさん
10 31 18:10 ワンド 40 26.5 s-fourさん
10 31 17:55 ワンド 30 26.5 s-fourさん
10 22 0:20 煙突 43 48.5 you
10 21 21:20 煙突 60 71.1 you
10 21 20:15 煙突 43 73.6 you
9 5 21:30 広瀬川 54 4 s-fourさん
9 5 20:50 広瀬川 52 5 s-fourさん
8 31 20:45 広瀬川 30 8.5 you
8 31 20:?? 広瀬川 25 9 s-fourさん
8 31 19:?? 広瀬川 43 11 s-fourさん
8 21 18:00 なまず 20 16.5 おーぱーUさん
8 21 18:00 なまず 20 16.5 おーぱーUさん
8 21 18:00 なまず 20 16.5 おーぱーUさん
8 12 5:20 煙突 57 10 you
8 12 4:22 煙突 57 20 you
8 12 4:20 煙突 60 20 you
8 12 2:10 煙突 58 14 you
7 2 20:54 煙突 35 23.5 りやうさんのご友人
7 2 20:03 煙突 24 25 りやうさんのご友人
7 2 19:47 煙突 22 25 りやうさん
6 18 22:40 ワンド 37 27 you
6 18 22:20 ワンド 35 23.5 you
6 18 22:10 ワンド 35 23.5 you
5 5 20:45 ワンド 33 52.1 you
5 5 19:55 ワンド 52 85.1 you
5 5 19:35 ワンド 34 85.1 you
5 5 19:05 ワンド 49 60.1 you
4 22 21:10 ワンド 50 36 you
4 22 20:15 ワンド 45 71.6 you
4 22 20:00 ワンド 44 71.6 you
4 22 19:40 ワンド 37 71.6 you
黄色で色付けしたところ以外は、すべて「ささ濁り〜強い濁り」だとわかります。
※濁りの基準は、このことに気付く前から出来ていたので、一応。

平均値(広瀬川の値を除く)をとってみると、
複数匹キャッチのときの平均値は37.6
一匹のみのときの平均値は27.1
全体の平均は31.9
となり、濁りの強いほうが複数匹キャッチの可能性が高まると言えそうです。
なお、これらの日の2日前からの、郡山雨量観測所の降水量は次の通り。
4月20日〜22日は雨量0mm。
5月3日〜5日は0mm
6月16日〜18日は0mm
6月30日〜7月2日は、30日16時に5mm
8月29日〜31日は、31日8時〜9時に14mm
10月19日〜21日は、19日24時〜21日8時までに89mm
10月29日〜31日は、30日21時〜31日7時までに21mm
11月2日〜4日は、3日5時〜4日3時までに55mm
となっています。
4月、5月は、数日前に雨が降っていないにもかかわらず強い濁りが入っていますが、
これは雪代の影響だと思われます。
なぜこのような傾向が?
ここから先は推測の域をでませんが、
次のような候補が考えられるのかもしれません。

@警戒心が低下する
Aシーバスにとって快適な場所に集まりやすくなる
Bベイトが特定の場所に集まりやすくなり、それを追ってシーバスも集まる
C警戒フェロモンを受容しにくくなる

@についてですが、これは結構定説っぽく扱われていますね。
濁りが入っていると、シーバスが他の捕食者から見つかる「捕食リスク」が低くなるため、
より活発にベイトを追うという話だと思われている人もいるかもしれません。
でもそんなこと言ったら、ベイトにも同じことが言えるわけで、
シーバスがベイトを見つけることもより困難になると思うのは僕だけではないはず。
僕の考えでは、シーバスが「濁っているから自分が捕食者に見つかりにくくなる」
ということを認識しているのではなく、
濁っていると視界が悪くなり、捕食者の姿が見えづらくなるというのが正解な気がします。
つまり警戒心が低下しているのではなく、危険が迫っても気がつきにくいだけ、
ということなのでしょうね。

AとBについては、濁りと増水を一緒に考えなければいけません。
増水すると、当然川の流れは強くなります。
水中で生活する魚類は、流れに身を任せておくわけにも行かず、
多少なりとも流れに逆らうことが必要となります。
当然、これにはエネルギー消費の増大が伴います。
すると、なるべく流れの影響を受けにくい場所
(例えばワンドや障害物の陰など)に集まるのは、
至極当然なことです。
そして、まずシーバスありきという考えがA、
まずベイトありきという考えがBです。
今回の話(濁度と釣果の関係)とは少しずれてしまいますが、
個体間に優位・劣位の関係があるとすれば、
優位な個体ほど、消費エネルギー(コスト)と期待できるエネルギー(利益)
のバランスの良い場所を占めることが知られています。
増水に伴い水量が増加することで、「良い場所」の範囲は狭められるだろうから、
増水しているときは大型をピンスポットで狙いやすいということかもしれません。

そしてCについて。
これは、実際のところ可能性はかなり低いと思います。
個体が傷つくと、表皮の細胞から警戒フェロモンが流出し、
それを受容した他の個体が逃避行動を起こす、
という魚がいるのは間違いないのですが、
シーバスがこれに属するかどうかは怪しいです。
濁りには土砂以外にも、陸上から流出した各種有機物が含まれるだろうから、
警戒フェロモン受容が鈍るのでは?と思っただけなので。
ちなみに、骨鰾類と呼ばれるやつらの多くはこのような傾向があるようで、
具体的にはナマズ目とかコイ目とかが含まれます。
ま、これはあくまで参考までに。
で、これは実釣に生かせるの?
要は、濁りの入っているときは一箇所で粘ってもマルチヒットの期待が高まる、
ということでしょうね。
逆に言えば、あまり濁りの入っていない場合、
一匹釣ったらすぐ場所移動したほうが良いということかも。
また、濁度が100を超えるような激濁りのときの釣果は無いというのも考えねばいけません。
つまり、濁れば濁るほどいいというものでも無いようです。
あまりにも激しく濁った場合、ある程度落ち着いてからのほうが釣果が期待できるでしょう。
また、上流側よりも下流側を狙うのが良いかもしれません。
もちろん、そこまで濁っているということはかなり増水しているということだから、
事故の危険も増すということをしっかりと頭に入れなければいけませんね。

ポイント別に見てみると、煙突Pでは濁りというファクターがかなり重要だと思います。
残念ながら濁度データはありませんが、
10月22日の夜間は13匹ものシーバスが乱舞しました。
21日の濁りがかなり強いことから、22日も濁りは取れきっていなかったと思います。
濁りが重要な理由としては、排水が思い当たります。
排水の濁りは、名取川本流や広瀬川の比ではないほど強いです。
雨による土砂流入の影響がより強く表れるだろうし、
さらに河川の濁度を変化させるような規模の降水ではなくとも、
排水にだけ濁りを入れることは充分に考えられます。
ひょっとしたらこれが一番美味しいタイミングかもしれません。
ワンドPはというと、ここはその名の通りワンドとなっているため、
先の理由A&Bにより魚が集まりやすいのかもしれません。
しかし、春先のマルチヒットは濁りに関係しているのではなく、
局所的なバチ抜けの影響が大きいと踏んでいますけどね。
最後に
本当は、降水量と濁度との関係(どれくらいの雨でどれほど濁るか)を調べたり、
降り始めから何時間後に濁りが入り、
その濁りが取れるのはだいたい何時間後か、というのも調べるつもりだったのですが、
さすがに力尽きました(笑)
もう面倒くさすぎです。
誰かヒマな人がいたら是非チャレンジしてください。
きっと面白いことが分かるでしょうから。
参考図書
魚の採餌行動(佐原雄二著、東京大学出版会)
魚学概論(岩井保著、恒星社厚生閣)
※どちらも東北大学付属図書館で借りられます。