--contents--

My Tackle

Rod
DAIKO Artesano RA86L Tide streamSP

現在のメインロッド。
上手い表現が見つからないが、なんと言うかキャストが気持ち良いロッド。
魚を掛けた後は、静かに寄せるというより、力ずくで寄せるという感じ。
ロッドのせいと言うよりは僕の腕の無さからだろうけど、
掛けた魚は暴れまくるため、ちょっとバラシが多いような気がする(スコーピオン比)。
まだ完全に使いこなせていないということだろう。


SHIMANO Scorpion 2651R-2

2003年までのメインだったロッド。
もちろんまだまだ現役で、今ではライトゲーム&広瀬川専用となっている。
中三か高一のときに購入したこのロッドは、もう6年以上の付き合いで、
淡水・海水問わずありとあらゆる魚を釣ってきた。
もはや僕の右手の延長と言っていいほど使い込んいる。
Reel
DAIWA CERTATE 2500R-CUSTOM

2005年からのメインリール。
この文章を打ち込んでいる時点ではまだ実釣に投入していないが、
ツインパに比べてライントラブルが格段に減少するのは間違いないだろうし、
70g近く軽量という点も嬉しい限り。
ただ、ハンドル一回転あたりの巻き取りが20cmくらい短いので、
この違いに慣れるのに時間がかかりそう。


SHIMANO 98TWINPOWER 4000H(A-RB交換済み)

2004年までのメインだったリール。
7年前発売だというのに、性能に関しては未だ全く文句が無い。
大切に扱ったものの激しく使い込んだため、さすがに最近ガタが来た感は否めないが、
ギア自体はまだまだ問題ないらしい(2005年1月にオーバーホールしてくれた某ショップ店員談)。
ハンドル一回転で89cmという巻き取り長を誇る、
このサイズとしては貴重なリール。
今後は、この特性を生かした使い方に特化することになるだろう。


SHIMANO 95TWINPOWER XT 2000DH

今現在現役で使っている物の中では、最古のリール。
これ買ったのは中二のときだったかなぁ。
(ということはもう8年!?)
今ではライトゲーム専用と化しており、出番はかなり少ない。
流石にギアは磨り減っているらしいが、
完全に使い物にならなくなるまで、これからも付き合い続けていくだろう。