--contents--

ロッドの持ち運び

原付で釣行しているアングラーって、実は意外と多いんです。
名取川でも知っているだけで1人、2人、3人and more・・・という感じで。
僕の周りに多いのは仙台という土地柄のせいもあるでしょうが、
全国的に見ても結構いるのではないかと思います。
ただ、全ての原付アングラーの悩みとも言えるのは、ロッドの持ち運びでしょう。
ここでは、とりあえず僕が辿り着いた、今のところの最善の策をお教えします。
原付で釣行しようと企てている方には、少しは参考になるかもしれません。

仕舞寸法およそ100cmのロッド
これは多くの2ピースのバスロッドが当てはまるでしょう。
僕も2003年まではバスロッドを使っていました。
また、振り出しシーバスロッドやパックロッドなどもこの部類です。
このクラスには、タカ産業というメーカーから発売されている、
その名も「チャリンコ」というロッドケースがぴったりです。

チャリンコのいいところは、一般的なロッドケースと違い、
クッションが入っていないところ。
釣り場に着いたらその安物っぽさが幸いし、
小さく丸めてメットインに仕舞うことが出来ます。
運転中、風圧で飛ばされないように工夫して(これ大事)、
肩ベルトを肩にしっかり固定すれば、
原付程度の速度なら全く不安はありません。
ただ、一つ注意しなければいけないのは、たすき掛けはやめたほうがいいでしょう。
ちょっと背を丸めるだけで、下手すりゃポキっと逝ってしまう危険性もありますので。
あくまで肩掛けですよ、肩掛け。
仕舞寸法100cm以上のロッド
これは大多数のシーバスロッドが当てはまるでしょう。
これくらいのロッドに対応した「チャリンコ」があればいいのですが、
残念ながら販売していません。
こういうときは、DUOから発売されているスマートロッドキャリアの出番です。

肩ベルトつきロッドベルトとでも形容できそうなこの品は、
ロッドを付属のロッドケースに入れてそれに装着することにより、
仕舞寸法130cmまでは楽勝でした。
それ以上もイケそうですが、自分では試していないため何とも言えません。
あ、もちろんこれも肩掛けですよ。
!注意!
一言で言えば、破損に気をつけろ!!!
どちらの持ち運び方も、ロッドをしっかりと保護することが出来ないので、
走行中に道端の障害物に思いもよらずロッドがぶつかってしまうと、
かなりの衝撃がロッドに伝わってしまいます。
幸いなことに僕自身は今のところロッドの破損はありませんが、
ひやっとすることは何度かありました。
また、仕舞寸法が長くなるほど高温のエンジン部への接触の危険性が増すので、
その点もご注意を。
理想のロッドケース
伸縮自在のハードプラスチックの筒状のものがあれば、
それは理想のロッドケースでしょう。
これに近いものは市販の図面ケースであるのですが、
メットインに入るほど(約40cm)縮めることができ、
伸ばせば130cm以上になるものというのは見つけ出すことが出来ませんでした。
もしこのようなものを売っているのを見たことがある人、
または自分の手で作ってしまったという人は、
情報をお待ちしています。