--過去--

第二回名取川クリーン作戦

2006年3月26日、昨年に続いて名取川クリーン作戦を行いました。
事前の下見では、去年清掃したなまずP左岸が今年もゴミが見られたため、
去年と同じようにまずはなまずP左岸を清掃し、なまずP右岸を片付けたあと、さらに下流側へ‥
という予定で当日に臨みました。

笊川合流地点に集合したのは、
おーぱー2さん、黒ハチさん、黒ハチさんの連れの「きれいなおねーさん」、ヨシアキさん、youの彼女、you
の6人でした。
今年も国土交通省東北地方整備局仙台河川国道事務所名取川出張所のご協力を頂き、
ゴミ袋、軍手、そして「LOVE RIVER」タオルが支給されたため、
これらを皆さんに配ってから作戦をスタート。
笊川合流地点付近は、空き缶、ペットボトル、包装などが中心でしたが、
小型扇風機がゴソッと捨てられていたり、タイヤが放置されていたりなど、
大物も若干見られました。
で、結果的には去年と同じくらいの分量に。



さて、ここはだいたいきれいになったから昼食休憩に向かおうかな‥
と思っていた時、近くでラジコン飛行機を操作していた人から、
ゴミを満載した車が薮の奥に消えていったという話を聞きました。
その方に言われたように、なまずPの堰の上流の薮の中に向うと、
黒っぽい大型RV車のトランクから男がゴミを不法投棄している現場を目撃!!!
てめーふざけんなよ!証拠写真を撮ってやる!
カメラカメラ………あ、忘れた(涙)
そういえば携帯にもカメラついてたよな!
携帯携帯………あ、携帯を集合場所に置いてきた(泣)
その時は僕1人だったのですが、根性ナシの僕は直接注意しに行く度胸がなく、
一旦みんなのもとに戻ることに。
その後みんなと行ってみたら、とき既に遅く、不法投棄の現場を抑えることは出来ませんでした。
しかし、近くには黒っぽい大型RV車が止まっており、中には男が乗ってて、
しかも後部シートにはブルーシートが敷いてある!
かなりの確率でこいつが怪しいけど、万が一違ったら大変だし、
何かトラブルになってもどうしようもないので、
この場は泣く泣く引き下がることにしました。
悔しい!!!!!!!

その後、昼食休憩をとった後、黒ハチさんたちは煙突対岸に、
他はなまずP右岸へ向いました。
なまずP右岸に着くと、意外とゴミが少ないではありませんか。
煙突対岸をある程度片付けてきた黒ハチさんたちも戻ってきて、
皆でゴミ拾いを行った結果、
やはり大物もいましたが、去年と比べると数分の一の量でした。



僕ら以外にも清掃を行っている人たちもいるだろうけど、
去年の効果が残っているのかと思うと、ちょっぴり嬉しくなりました。
…と言っても写真の量ですけどね。
※ちなみに写真に写っているのはサクラアングラーです。
  釣れるのかなぁ?

ここでのサプライズは、木の枝にロープが結んであり、その下端は輪になっていて、
その真下にはいすが転がっているというのがありました(@_@;)
まままままさか…………
また、未使用の銅線が包装されたまま大量に放置されていました。
売ったらジュース代くらいにはなるとのことでした。
(ヨシアキさんによると、後日業者に持っていったところ、
約5千円で買い取ってもらったそうです!)

なまずP右岸のゴミが少なく、予想より早く片付いたため、
次は煙突Pへ向いました。
ここはやはり去年と同じく、漂着したペットボトルや空き缶が中心でした。



ここが片付いた時点で、15時30分くらいだったため、
時間的にキリがいいのでこれにて終了とすることに。
このゴミをなまずP左岸のゴミ集積場に持っていかなければいけないので、
笊川合流点で集合した後に解散することにしました。

で、笊川合流点に到着すると信じられない光景が!
午前中僕らが清掃した場所に、もうゴミが散らかってるではありませんか(怒)
悲しいを通り越して、あきれてしまいました。
既にゴミが捨てられている場所にさらにゴミを捨てるならまだしも
(といってもこれも人として最低ですが)、
何もゴミがないところに新たにゴミを放置する人の神経は、
一生かかっても理解できないでしょう。
ていうか理解したくもありません。
なんだか釈然としない気持ちになってしまいましたが、
これにて解散と相成りました。


今回は去年と同じルートでゴミ拾いを行ったのですが、
全体としてはゴミの量は去年より少なかったと思います。
毎年クリーン作戦を行うことで、
釣り場(大きく言えば自然環境)に対する負荷を
「多少」は軽減することができたと思います。
しかし、拾う神あれば捨てる神あり。
このイタチごっこはどうしたら食い止めることが出来るのでしょうか?
明確な答えは僕には分からないので、
ゴミを拾うという行動を起こすくらいしか出来ません。
ちりも積もれば山となる。
しかし、山も少しずつ削っていけばちりになるのです。
今回僕らが清掃を行った場所以外に、
ありえないほどのゴミが放置されている場所はいくらでもありました(煙突対岸とか)。
一人一人の力は微力でも、それが合わさっていけば、
そのような巨大なゴミの山も切り崩すことがいつか出来ると信じたいです。


最後になりましたが、クリーン作戦に参加してくださった皆様、
本当にお疲れ様でした&ありがとうございました。
また、参加したくても都合がつかずに参加できなかったという方も
何人もいらっしゃいましたが、
同じ思いの人が他にもいることにはかなり勇気付けられました。
もちろんクリーン作戦は今後も継続していくので、
その際は皆様よろしくお願いします!