名取川クリーン作戦

2月27日、名取川クリーン作戦を決行しました。
サイトで呼びかけた結果、
黒ハチさん、イッチーさん、JPさんと息子さん、おーぱーUさん、youの計6人が参加となりました。

当日は好天に恵まれたものの、気温はちょっと低め。
それでも10時30分になまずP笊川合流点付近に集合し、そこからスタート!
ここは大物は少なかったものの、広範囲にゴミが散らばっており、
これはこれで大変・・・
車の中から、休憩中の釣り人、散歩中の人が投げ捨てていったのでしょう。
イッチーさんも言っていましたが、こういうことをする人の気が知れません。
というわけで、12時ごろまで悪戦苦闘し、
全部拾っていたらキリが無いような細かい紙クズなどは多少残りましたが、
辺り一帯はかなりきれいになりました!

1時間ちょっとでこれだけ集まりました。

さっ、ウォーミングアップはこの辺にして。
皆で昼食を食べに行った後、午後の部、なまずP右岸へ。
13時ごろに到着すると、ここは左岸とは比べ物にならないくらいの密度でゴミが・・・
こちらの特徴は、釣り人が捨てたと言うより、
粗大ゴミやら、業者が捨てたゴミやらが多く、大物ぞろい・・・
とにかく始めなきゃ!
まずはタイヤやらガスコンロやら石油ストーブやら車のシートやらの大物から片付けていき、
続いてその他の細かいゴミに取り掛かりました。
先ほどよりも範囲が狭いという点は救いでしたが、
体力的には結構きつかったです、ここは。
それでも皆で頑張ったため、思ったよりも早く15時前にはほぼ片付きました。

右岸だけでこれだけの量になりました・・・

この時点でまだ時間があったため、煙突Pへ。
こちらは大物はほとんど無く、流れ着いたペットボトルや空き缶がメインでしたが、
それでもゴミ袋で軽く10袋以上は回収しました。
(その写真は撮り忘れ・・・)
そしてそのゴミをなまずP左岸のゴミ集積所に置きにいき、
16時前にそこで解散となりました。
今回の総量はひょっとしたらトン単位いっていたかも・・・


昨年の広浦に比べると、立ち寄った人がポイ捨てしたゴミよりも、
明らかに捨てる目的で持ってこられたゴミが多かったです。
どういう事情があるのか分かりませんが、
こんなに簡単な善悪の判断がつかない人が多いのは悲しいことです。
JPさんの息子さんがもっと成長したとき、
もし水辺(に限りませんが)の環境がこのようなゴミまみれであったならどう感じるでしょうか。
そんなこと考えたくもありませんが、このままだと・・・
次世代に残すべきものはゴミではありません。

最後になってしまいましたが、参加してくださった方々、
本当に、本当にお疲れ様でした。
疲れはしたでしょうが、気分は良いのでは?
たぶん今年はウハウハな釣果に恵まれますよ、きっと。
また、ここを見ている可能性は低いでしょうが、
仙台河川国道事務所名取川出張所の方。
ゴミ袋・軍手・タオルを提供していただき、
また、ゴミ集積所を示す看板を2箇所も立てていただき、
本当に助かりました。
昨年に続き、今年もありがとうございました。


さて、来年は・・・
少なくともなまずPと煙突Pはやる必要がないことを祈っています。