広浦クリーン作戦

予報では天気が心配だったものの、当日はぽかぽか陽気のゴミ拾い日和。
前日までで僕が把握してた参加者は、
黒いハチロクさん、おーぱーUさん、ほっしーさんだったのですが、
最終的にゴーサインをだした当日午前11時ごろみなさんに電話したとき、
ほっしーさんだけ出ない。
事前に「爆睡してると思うからモーニングコールかけてね」と言われてたから、
ある程度長期戦を覚悟したけど、
30分以上携帯やら家電やらに掛け続けたものの全く出る気配がない(笑)
非通知にすれば着信音が変わって目覚めさせることが出来るかも、
と思って非通知で何回もかけたけど・・・
結局、寝坊しているほっしーさんを見捨てて原付で広浦へ向かいました。
ちょっと遅刻気味で西側に到着すると、思ったより人がいる!

ということでこの日の参加者は
黒いハチロクさんと愛人1号さん、そしてその可愛いお子さん
おーぱーUさんと奥様とお子さん2人、そして愛犬パフィー
飛び入り参加のIKEDAさん
最終的に合流してゴミの運搬に大活躍だったほっしーさん
そして二年生
の計10人+1匹となりました。
国土交通省から支給された軍手、ゴミ袋、
「LOVE RIVER」と書かれたタオルを皆さんに配りいざスタート!

ある程度分別しながらゴミを拾っていくのですが、
道の脇の草むら、水辺の葦には予想を超えたすさまじい量のゴミが!
特に草むらの中に投げ捨てられたゴミは草を掻き分けるだけでも大変苦労しました。
支給されたゴミ袋20袋があっという間に満杯になり、
予備にと思って僕が持ってきたゴミ袋30袋もすぐに満杯に。
自転車やら炊飯器やら古タイヤやらの粗大ゴミ系もできる限り拾いましたが、
最高気温15℃の小春日和で汗だらだらの僕らをあざ笑うかのように、
それでもゴミはまだまだ残ってるし・・・
僕の見通しがちょっと、いや、かなり甘かった・・・

というわけで最終的ににこれだけ大量のゴミを回収することが出来ましたが、
まだまだこの何倍も釣り場には空き缶やらペットボトルやらが残ってます。
ましてや西側よりもはるかに広大な広浦の東側のことを考えるとまったく恐ろしくなりますよ。



次回からは大々的に宣伝し、
もっともっと大人数でやらないと目に見える効果はないと痛感しました。

ちなみに、弁当の容器や粗大ゴミなどの誰かがその場に捨てたゴミと、
ペットボトルや発泡スチロールなどの、
どこかで捨てられて流されて漂着したゴミに大きく分けることが出来ました。
前者は「釣り場でゴミを捨てないようにしよう」と心がけることで減らすことができますが、
後者は、例えば仙台市内でポイ捨てされたゴミが、
大雨などで巡り巡って釣り場へというルートなので、
ただ釣り場だけをきれいにするだけではなく、
僕らが生活している空間からまずきれいにすることが、
釣り場がきれいになる第一歩ではないでしょうか。

いくら今回のゴミが氷山の一角で、
全体としてのゴミの量はあまり変わらなくとも、
何事も実際に行動するということが重要!
同じ1でも99→100の1と0→1の1では意味が違うし、
価値も単なる1以上のものだと思うので、今回の第一歩は成功したと言って良いでしょう!

というわけで参加者の皆様、本当にお疲れ様でした。
あと、おーぱーUさん、ほっしーさん、差し入れありがとうございました。
また今度こういった機会があればそのときもよろしくお願いします!
まだまだこの戦いは終わりません!